タグ:あすか

    女監督ハルナの素人レズナンパ61
    女監督だからこそ撮れるこの企画!街でナンパした素人娘たちに初めての性感エステ体験させちゃいました。エステティシャンの絶品テクのあまりの気持ち良さに白濁液をダラダラ垂れ流しえ感じまくる!
    【女監督ハルナの素人レズナンパ61【M男ちゃんねる】】の続きを読む

    淫熟人妻実話 Asuka
    結婚5年目。カードでの買い物にハマり、多額の返済に苦しみ、面接に訪れる。面接に現れた人妻あすか。やけに派手な格好で、30歳には見えない。ローンの返済に困り、「金を稼ぎたい」と言う。夫が理想のタイプと言うが、誠実で嘘を吐かず女房に尽くしてくれる、あすかにとっては都合のよい夫である。夫婦関係は月に1回有るか無いかで、ノーマルでワンパターンのセックスだけ。あすかは、平気な顔で「つまらない」と口にする。昼ドラを見ながら、週3回の自慰で欲求を解消している。面接用紙に書き込むプレイ内容にNGが多く、一方的にNGを外す。それでも笑顔を見せながら文句を並べ、まるで他人事のような余裕ある態度である。学生時代の教授とのセクハラに感じてしまう、あすかの淫乱さが見え隠れする。身体を見ると、張りのある乳房と硬くなった乳首が、派手な下着から出てくる。教授のセクハラ話で、既に汁が溢れている。巨尻を弄り乳首を抓るだけで、喘いでしまうあすか。他人に奉仕することの無いあすかを、たっぷりと虐める。何をしても「気持ちいい」と呟くあすかをホテルに連れ込み、膨らんだ肉豆をローターで責め、肉壷をバイブで掻き回す。喜ぶあすかをなじりながら、尻にスパンキングを入れ、徹底的に奉仕させる。膨張した肉棒を喉奥まで突っ込み、尻穴も舐めさせる。騎乗位で自ら挿入させ、「腰を振れ」と強要するが、動かぬあすかを罵倒しながら乳房にスパンキングする。過去に経験したことの無い仕打ちに、泣きじゃくるあすか。容赦ない責めに、逃げるあすかに肉棒を差し込む。尻にスパンキングしながら、肉壷の奥まで突きながら大量に精液を浴びせる。最後まで泣き止まないあすかに、肉棒を口で掃除させる。金のために自尊心を壊されたあすかに、哀れを感じることはない。
    【淫熟奥様実話 Asuka【M男ちゃんねる】】の続きを読む

    このページのトップヘ